SEM Vol.23|Webマスター向けTips | Discover Bing

Web マスター向け Tips

Vol.23 あなたのサイトのランキングに不満はありませんか?パート3

サイトの見直しで考慮すべき問題のまとめを続けましょう。本連載の パート1 では、サイトの見直しの意義と目的について考え、最適化前のパフォーマンスのベースライニングとツールの集め方を網羅しました。 パート2 では、きちんと対応しないと、検索ランキングのみならず、ユーザビリティやユーザーの見つけやすさの両面からサイトパフォーマンスを決定してしまう、重要なのに見落としがちなオンページの問題を網羅しました。今回はサイト全体からの視点から、サイトの見直しの課題を詳しく見ていきましょう。

これ(ファイル名)の意味は何?

URLを見てみましょう。ページのコンテンツについて何か伝えていますか? 人間に優しいファイルネーム、あるいはグローバル一意識別子(GUID)ベースのちんぷんかんぷんな言葉ですか? ボットはURLの見当外れな名前のページに特別な不満を持たないかもしれませんが、チャンスを逸している可能性があります。ファイル名に対象とするキーワードが1つでも使われていれば、検索ボットは、その言葉とあなたのページを関連付けることができます。もちろん、これらのキーワードを単純にかみ砕いてもあなたの思い通りにはならないでしょう。ファイル名の CamelCasing ワード(キャメルケースの語)はSEOに何の価値もありませんし、びっしり連なった文字から個々のキーワードを解析することはボットの能力を超えています。解析プロセスを支援し、ファイルネーム(そしてURL)に使われているキーワードの完全な価値を得るにはどうすれば良いでしょう?

ファイルネームにアンダースコアを使うことは良いアイディアではありません。旧来のプログラミングコードでは、連結手段としてアンダースコアを用いていましたので、人間の目にも解析可能に見えるかもしれませんが、検索エンジンにとってはそうではない可能性があります。さらに、テキスト内のハイパーリンクをアンダーラインで示すという一般的な慣習があり、リンクテキスト内にアンダースコアのキャラクターがあるとスペースと見間違う可能性があります。しかし、あなたが使える妥当な解決策があります。

ファイルネームの単語の間をハイフンでつなぐことは、控えめに使う限り、完璧に容認できます。ここで控えめに、と言っているのは、ウェブスパムの領域に足を踏み入れてしまう人がいるからです。控えめに使えば、ハイフンは人間の読み手と検索ボットの両方にとって個々の言葉として解析されます。あなたは、次のドメインネームにもこれを試すことができます(しかし、ここでも短い方が良いので、1つ以上のハイフンを使っていたら、ウェブマスターはドメインネームを短くすることを検討すべきです)。

サイトの見直し作業: ページファイルに使われているファイルネームのスキームを見直し、あなたが対象とするキーワードを使うチャンスがないかを確認します。キーワードのフレーズを使うには、ハイフンを用いてテキストを個々のキーワードに分解することを検討します。

相対リンクの絶対禁止

あなたのイントラサイトは相対リンクですか、絶対リンクですか? どちらの場合も、技術的には検索エンジンの目には機能しますが、リンクのフォーマットは他の理由であなたに大きな違いをもたらします。コンテンツのセキュリティだけをとっても、絶対リンクを選ぶ十分な理由があります。

2つの形式の違いは、オリジナルのウェブサーバーへの参照関係がリンクのURL内に維持されているかどうかです。相対リンクは、サンプルのhrefで使っているアンカータグの属性"/sales/today.htm"のように、サーバーのドメインネームを仮定して、ウェブサイトのルートの向こう側にあるリンクパスの一部のみを提示しますが(もしそれだけのパスがあれば)、絶対リンクはリンクの完全なURLを提示します。

相対リンクを使うと、オリジナルウェブページのコンテクストの外部で(つまり異なるURLから)ページコンテンツが使われたときに問題を生じます。オリジナルコンテクストの外部で使われる場合、相対リンクは壊れて、参照しているソースコンテンツが利用できなくなります。これは、ユーザーがあなたのサイトのコンテンツを他の文書、たとえばメールにコピー&ペーストしたり、あるいは不幸にも、画面から取って彼らのウェブサイトに貼り付けるときに問題になります。絶対リンクを使っていれば絶対に壊れません。面白いことに、自らコンテンツを作らない怠け者(つまり、他の人のコンテンツを画面から貼り付ける、つまり盗むという意味)は、そのコンテンツのインラインリンクのチェックも怠りがちです。少なくとも、盗作的なサイトからのインバウンドリンクで信用を得てしまっても勧善懲悪という感じがします。(最近の例ですが、サイトBにオリジナルコンテンツを盗まれたと主張するサイトAの証拠として、私たちのチームがサイトBで見つけた、サイトAへの絶対リンクを埋め込んだコンテンツを使いました。結果として、違法行為を行ったサイトBはコンテンツを不正に複製した罪で罰せられました!)

あなたのリンクが常にあなたのウェブサイトに参照され、あなたがリンクを張ったコンテンツに常にアクセスできるように(従って、コンテクスト依存でなく)、リンクのパスとしてURL全体を使うのが絶対リンクです。ここでひとつ注意です。あなたがコンテンツページをサイトの違うディレクトリに移動させた場合、あなたがコードに書き込んだURLリンクは、すべてそのページに行くように更新する必要がります。

(もちろん、その削除されたページからのアウトバウンドリンクは有効なままです)絶対リンクはまた、あなたのサイトにとって好ましいURLを作る( 正規化 として知られます)手助けをしてくれます。ウェブマスターの中には複数のドメインネームを使って、完全に実装した、まったく同じコンテンツのページを持つ人がいますが、これはコンテンツ重複による混乱とランクの希薄化の可能性があります。常にプライマリURLへの絶対リンクを使うことで、コンテンツは正規化されます。また、同じコンテンツを指す複数のURL、たとえばHTTP:やHTTPS:を使っている場合に相対リンクを使うと、検索エンジンが重複コンテンツで混乱する可能性があります(本ブログの終わりの方で、正規化については深くみていきます)。

サイトの見直し作業: あなたのサイトナビゲーションのスキームを含む、イントラサイトのリンクを見直し、絶対リンクとしてフォーマットされているようにします。

あなたのサイト内で、ここからそこに行くには

あなたのサイトのページを、ユーザーはどのように移動していますか? はっきり分かるようにサイト内のナビゲーションスキームを提供していますか? サイトナビゲーションがスクリプト化されていたり、画像リンク(どちらもボットは読めません)に依存していませんか? サイト内の各ページは、少なくとも他の1つのページにリンクされていますか? サイト内の全ページにリンクを張ったHTMLサイトマップのページを提供していますか? これらはあなた自身のサイトについて確認する質問の一部です。

この連載ブログの Part 2 を思い出してみてください。検索ボットが見ているように、あなたのサイトをテキストオンリーのブラウザー(ブラウザーを画像、スクリプト、SilverlightやFlashといった技術を不可にするか、 SEO-Browser のようなツールを使うか)で見てみましたよね。ここでも再度、現在のイントラサイトのナビゲーションスキームが、検索クローラーの利益や不利益に対し機能するか(つまりインデックス化の可能性)を明らかにします。この観点でみても、サイト上のページをうまく移動できますか? サイトで画像をリンクに使っている場合、十分なキーワードが入ったaltテキスト属性が含まれていますか? サイトナビゲーションの設計で、ダウンレベルのユーザーを考慮していれば、それは検索ボットにとっても非常に有益です。そうでなければ、外部のウェブサイトから深いインバウンドリンクを張られていないかぎり、ボットに発見されることはありません。もしそれが発見されなければ、クロールされて、インデックスされることもないのです。

サイトの見直し作業: ダウンレベルの認知度、理解度、キーワードの使用について、イントラサイトのナビゲーションスキームを見直します。

あなた自身にリンクしましょう(適切なら)

あなたのサイトの他のページのコンテンツを参照する、ボディテキスト内のコンテンツを書いたことがありますか? ぜひそうすべきです。そうすると、そのコンテンツを参照し、ページ内のインラインでリンクする論理的な方法を見つけることができます。最良のインラインボディテキストリンクは、 パート2 で作ったように、適切なターゲットキーワードを利用することでしょう(どうやって私がそれをやったか、分かりましたよね。ぜひ同じことをやってください)。

検索者にとって価値のないコンテンツにリンクするとき、たとえばサインイン用のページ、ショッピングカート、「このページをプリントする」リンクといったものですが、ひとつ注意が必要です。それは、そのようなリンクのアンカー(<a>)タグ rel="nofollow" を加えて、無意味なコンテンツのクロールやインデックス化を防ぐことです。リンク一つ一つが重要でなければなりませんし、重要でないものは除外しなければなりません。

サイトの見直し作業: サイトの他のページにインラインリンクする適切な機会を見つけるために、コンテンツページを見直します。インデックスの必要のないコンテンツへのリンクには、 rel="nofollow" アンカータグを用います。

適正さを利用して、アウトバウンドリンク戦略を加速しよう

リンクは重要です。他のページにリンクすることは、あなたがリンクするページの事実上の承認です。しかしながら、リンクするページの適正さも重要です。あなたのサイトのテーマは古銭収集なのに、漢方の強壮剤やインスタントの学士号を宣伝するサイトばかりにリンクを張っていたとしたら、筋が通るでしょうか?(いいえ)ユーザーにとっても意味不明でしょうし、検索エンジンにとっても同様です(これは、不適切なサイトからのインバウンドリンクについても言えることです)。アウトバウンドリンクはあっても良いのですが、あなたのページの目的に適ったものでなければなりません。数百あるいは数千の不適切なリンクがウェブサイト上に現れたら、リンクレベルのウェブスパムに見えますので、良いものでありません。リンクレベルのウェブスパムに関する詳細は忌まわしき責任、 忌まわしき責任、リンクレベルのウェブスパム をご覧ください。

覚えておきましょう。アウトバンドリンクがユーザーにとって価値があり、適切でれば、検索エンジンにとっても価値があると見なされます。

サイトの見直し作業: 外部に向けた、アウトバウンドリンクの適切さをチェックします。

インバウンドをください(でもリンクスパムは追放して)

あなたのサイトからのアウトバウンドリンクが、リンクするサイトの承認を示すことは前にもお話ししました。それ故に、それらは検索エンジンにとっても価値があると見なされることがあります。あなたのサイトへの他のサイトからのインバウンドリンクも同様に価値があります。そして、アウトバウンドリンクのように、リンクの適正さがとても重要になります。一部のウェブマスターは、検索エンジンのランキングの名声を素早く(不正に、とも言います)築こうと、スパムリンク会社からインバウンドリンクを買ったりします。

有料のリンク会社はここでは役に立ちませんし、実際のところ、リンク会社がウェブスパムの元締めと見なされた場合、通常はランキングに悪影響を与えます。あなたのサイトが本当の価値を築くためには、対象オーディエンスのために価値のあるコンテンツを一生懸命努力して作る必要があり、それによって、あなたがつながりたいと願うユーザーを対象とするコミュニティへサイトが普及していくのです。同じ目的で合法で尊敬されるサイトを運営しているウェブマスターに、あなたのサイトへのリンクを張ってくれるように依頼します。そうすると、より合法で適切な(オーガニックとも言います)インバウンドリンクを築くことができるのです。これらは、あなたが得られる最も価値のあるリンクとなるでしょう。

価値のあるインバウンドリンクを得るための詳細は、 Link building for smart webmasters (no dummies here) のブログをご覧ください。

インバウンドリンクを増やすもうひとつの方法は、ペイパークリック(Pay-Per-Click)検索連動型広告の利用を検討することです。これは、オーガニックなランキングが満足のいく状態でない場合でも、あなたのサイトの検索エンジン結果ページ(SERP)における認知度をすぐに高めることができます。はっきり言って、PPC広告を買ってもサイトのオーガニックランキングには何の影響も及ぼしませんが、PPC広告によって SERPの1ページ目に表示されますので、究極のゴールがコンバージョン上昇であれば、よく設計された PPC広告はその目的に多大な貢献をします。PPC広告をBingで始めることについての詳細は、 Microsoft Advertising をチェックしてみてください。

サイトの見直し作業: インバウンドリンクをチェックして、有料のリンク会社からのものがないか確認します。まったく関係ないリンク会社やリンクエクスチェンジからのインバウンドリンクは、通常、ウェブサイトのランクを表面的に上げようとする不正行為と検索ボットは見なしますので、そのサービスを解除し、サイトにペナルティが科されていないことを確認します。ペナルティに関する詳細は、 Getting out of the penalty box

次回は、適切なランキングを妨げるサイト全般の問題をさらに見ていきます。どうぞお楽しみに。

-- Rick DeJarnette, Bing Webmaster Center