SEM Vol.28|Webマスター向けTips | Discover Bing

Web マスター向け Tips

Vol.28 404 File Not Found によるストレスをなくそう

あなたも見たことがあるでしょうし、私もあります。15分以上、ウェブを積極的にブラウズしている人だったら、ほぼ全員が見ていると思います。何の話かというと、あの嫌われ者の 404 File Not Found エラーのことです。それが現れた途端、そのサイトで調べることをやめて、他へ移ってしまいます。これは、その影響を受けるサイトにおける、売上、購読、ダウンロードの(つまり、コンバージョンという)可能性を失うことです。ウェブ上では、巨大ウェブサイトへのトラフィックの最大10%が、存在しないページを探していると見積もられており、これは大きな問題です。

ウェブが誕生した当初、不正確な URL を入力すると、ほとんど空白の真っ白な画面が現れ、何もないところにただ一言 "404 File not found" と記され、「おう、どうもどうも、すごく助かるよ」なんて思っていました。その昔、人々がノートパッドでウェブページを手打ちしていた頃は、そんなやり方が普通でした。その当時のやり方だったのです、そう、その昔ね。でも、今は昔です。私たちはもっと良くできるのです。

使用不能な URL

URL を使用不能にする方法は非常にたくさんあります。ユーザーの入力ミスやスペル間違い、ページがウェブマスターによって移動されていたり、名前が変えられていたり、削除されていたり、あなたのサイトにアウトバウンドリンクしている外部のウェブマスターが間違った URL を記していたり。自分のサイトに確実にたどり着いて欲しいと思っているウェブマスターにとって、これは最もストレスのたまる状況です。

あなたの潜在顧客は、あなたがやっていること、あなたのサイトが提供していることについてもっと知りたいのに、あなたのウェブサイトのページの URL が間違っていたら、彼らは何を見ることになるのでしょう? 死のブルースクリーンのウェブ版、それとも流れを止めて競合サイトへの移動を強いる、役立たずのページでしょうか? あるいは、彼らが求めている情報をあなたのサイト内で探せるように、有用なガイダンスを記したページでしょうか?

ウェブマスターとしてあなたは、あなたのサイトでページの名前を変えたり、削除することをコントロールします(過去のSEM 101 投稿で、リダイレクトを使って移動したり、名前が変わったページへ向かせる方法に関する情報を参照してください)。しかし、インバウンドリンクしている先のコンテンツをコントロールすることはできませんし、あなたのページの名称をスペルできなかったり、覚えられないユーザーに注意することはできません(しかし、これは、ファイル名は論理的で覚えやすいものにすべきであるという、良い助言でもあります)。あなたがコントロールできない、おっちょこちょいのユーザーに悪態をつく代わりに、カスタム 404 エラーページを作って灯火としましょう。

カスタム 404 エラーメッセージ

カスタム 404 エラーページを作ることはそれほど大変ではありませんが、このちょっとしたことは、多くのウェブマスターが見落としがちな重要なステップでもあります。あなたのカスタム 404 エラーページは、あなたのサイトへの URL が壊れているときに、一般のカスタム 404 エラーメッセージの代わりに表示されます。あなたのサイトに来たユーザーが知りたいと思われることを予測し、カスタムエラーメッセージで十分な情報を先んじて提供することで、ユーザーをあなたのサイトに留まるように仕向けると同時に、彼らが欲しい情報を見つける簡単なやり方を提供します。

OK。それは素晴らしいアイディアだけど、どうやるのでしょう? それをここで説明します。どうするかは、あなたのサイトのホスティングにどのウェブサーバープラットフォームを使っているかによります。ユーザー向けセーフティネットの作り方で必要なことを見ていきましょう。結局のところ、あなたのサイトにこのちょっとした機能をプラスすることで、バウンス(跳ね返す)かコンバージョン(顧客化する)かの違いをもたらします。

動か静か

話を進める前に、この状況にどうアプローチするか決めなければなりません。まず、サイト全体に対し、1つの固定された静的なカスタム404エラーページを作ることができます。これは、実装が非常にシンプルで、小さい規模のサイトにぴったりでしょう。しかし、大規模のサイトには1つの固定されたページでは無理な感じもします。スクリプトによるダイナミックなエラーページを作ることができる、大規模サイトのニーズに合致するテクノロジーもありますが、ホストのスクリプト記述エンジンが壊れているとカスタム404メッセージがまったくなくなると警告されています。これは開発者ブログではありませんので、Bing検索に対する動的な404エラーページを作ることに興味のあるすべてのウェブマスターに、Internet Information Services (IIS)Apacheプラットフォームの双方の情報を示します。

基本的な固定のカスタム404ページについて興味がある方も、どうぞついてきてください。結局、これがSEM 101ですよね。

カスタムページのコンテンツの作り方

カスタム404ページに盛り込みたい情報や機能を決める必要があります。私からは以下を推薦します。

  1. 1.あなたのウェブサイトのページテンプレートを使って、この新しいページにも、サイトの見た感じや使った感じなどの印象に一貫性を持たせます。
  2. 2.このページにサイトナビゲーションのスキームを含めます。HTMLサイトマップページや専用のサイト検索ボックスを作ったのならば、これらの機能へのアクセスも含めます。
  3. 3.ページのテキストには、ユーザーが見たいと思っているページの URL が存在しないことを知らせます。そして、サイトのテーマを簡単に説明し、製品/サービス/機会を列記します。そして読者はオンページのサイトナビゲーション(メニュー、サイトマップ、検索ボックスなど)を使って、関心のある情報を探せることを伝えます。

大きく読みにくいフォント、自動再生の音楽や動画やアニメーションなどを加えて、初めての読者を不快にするようなことはしないでください。また、宣伝広告もなしです。ユーザーを目前の重要な使命から逸脱させることになります。まずユーザーをあなたのサイト内にある本当のページに戻すことです。覚えておいて欲しいのは、カスタム404エラーページで肝心なのは、バウンス(訪問者が他のページにアクセスしないでサイトを去ってしまう、1ページ限りのアクセスのことです)を防ぐこと。ページは明快かつ読みやすいことが大切です。

このカスタムページのファイルをあなたのサイトのルートディレクトリに保存します(このディスカッションでは、この新しいファイルを 404.htm と呼びます)。ここからは、各ウェブサーバープラットフォーム上での設置方法を見ていきましょう。

Apache

Apache ユーザーは、それぞれのサイトのルートディレクトリ上にある特別なテキストファイルを設定することで、カスタム404エラーページを実装できます。 .htaccess と名づけられたファイル(ファイル名の前にドットがあり、よくあるファイル名の拡張子を含みません)はノートパッドで編集可能で、以下の行を含みます(私たちのサンプルのエラーページファイルを使用)。

ErrorDocument 404 /404.htm

もちろん、カスタム404エラーページファイルが特定できるように、定められた名前で、定められた場所に保存されていなければなりません。そうでなければ、404 File Not Found のエラーが返ってきてしまいます。Bing 検索結果を使って、Apache でのカスタム404ページの処理に関する情報を見つけてください。

IIS

IIS を使っているのであれば、カスタム404ページの実行はシンプルです。やり方は以下のとおり。

  1. 1.最初に、IIS をオープンして、カスタマイズしたいウェブサイトを選択します。

IIS バージョン5と6では:

  1. 1.該当するウェブサイトを右クリックして Properties を選択します。
  2. 2.Custom Errors のタブをクリックします。
  3. 3.ステータスコード一覧から404をダブルクリックしてその設定を編集します。
  4. 4.Edit Custom Error Properties(カスタムエラーのプロパティの編集)のダイアローグボックスでは、Message type(メッセージの種類)のドロップダウンリストを URL にセットします。
  5. 5.URL テキストボックスでは、冒頭の例に従って、/404.htm と入力します。
  6. 6.OKをクリックして保存します。

IIS 7 あるいはそれ以上では:

  1. 1.右のペインの Error Pages をダブルクリックします。
  2. 2.ステータスコード一覧から404をダブルクリックしてその設定を編集します。
  3. 3.Response Action(応答動作)では、Insert content few static file into the error response(静的ファイルのコンテンツをエラー応答に挿入)を選択します。
  4. 4.Set(設定)をクリックします。
  5. 5.Root directory path のテキストボックスでは、カスタムエラーページファイルがあるルートディレクトリの物理パスを入力するか(特定のローカルディレクトリ内で枝分かれしているパスの部分まで)、Browse をクリックしてエラーファイルがあるルートディレクトリまで行ってOKをクリックします。
  6. 6.Relative file path のテキストボックスには、ローカライズされたエラーファイルの相対パスを入力します。冒頭の例が米国英語のみの場合には、それは \EN-US\404.htm と記すことができます。
  7. 7.カスタム404エラーページのローカライズバージョンを実行している場合には、Try to return the error file in the client language(クライアントの言語でエラー ファイルを返す)のチェックボックスが選択されていることを確認し、OKを2回クリックして、保存します。

IIS 7.0 及びそれ以上のユーザーは、代わりに、コードのスニペットを含むように web.config ファイルを編集し、同じ作業を完了させることができます。冒頭で述べたサンプルファイル 404.htm を使って、ここではコードスニペットを例示しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
<system.webServer>
<httpErrors errorMode="DetailedLocalOnly">
<remove statusCode="404" />
<error statusCode="404" path="404.htm" responseMode="File" />
</httpErrors>
</system.webServer>
</configuration>

IIS でのカスタム404エラーページの作り方に関する情報は、Bingの検索結果をチェックしてください。

Bing Web Page Error Toolkit

あなたが自家製の動的なIIS用カスタム404ページソリューションを作ることの他に、ひと味違うIISユーザーのための選択肢があります。Bing Developer Center(英語サイト)チームは、より有益にカスタマイズされた404エラーページを作るという、IISエクスペリエンスを拡大しています。Bing Developer Center ブログ(英語サイト)に書かれたばかりの昨夏の投稿、Customize your 404 error pages with the Bing API Web Page Error Toolkit(英語サイト)をチェックしてください。デフォルトの IIS 404 エラーページに替わって、Bing API(英語サイト)で構築されたツールキットでダイナミックに作られたBing 検索ページが説明されていて、そこには、Uniform Resource Identifier (URI) (英語サイト)またはHTTP リクエスト(英語サイト)のいずれかから抽出されたキーワードでカスタマイズされた検索結果を含みます。これは、あなたのサイトに関連性のある代替のページの検索リストを作り、ユーザーがより簡単に早く、あなたのドメインへのアクセスをやめることなく、最初に希望した情報にたどり着けるようにします。

Bing Web Page Error Toolkit(英語サイト)は無料でダウンロードできます。IISを使っているなら、試してみてください。あなたのユーザーは、より多くのコンバージョンと、より少ないバウンスであなたへの感謝を示すでしょう。このツールを使うには Microsoft Visual Studio(英語サイト)が必要だということをお忘れなく。

テスト、テスト、テスト

404ページを実装したらテストしましょう。ブラウザー上で、あなたのドメイン名の後に既存のファイルやディレクトリ名とマッチしない短くてランダムな文字列を入力します。すべてが間違いなく実装されていれば、誤った URL に対して、あなたが作ったカスタム404ページが表示されるはずです。この時点から、あなたの潜在顧客もそのページを目にしますので、新しいエラーページのコンテンツが良くできていれば、彼らはあなたのサイトに留まるでしょう。それが本来のゴールですよね。