SEO Vol.9|Webマスター向けTips | Discover Bing

Web マスター向け Tips

Vol.9 リンクファームとライクファーム - 魔が差したりしないように!

超多忙な生活を送っていると、簡単に効率アップしてくれるように見える方法を使いたくなるものです。ソーシャルメディアのプログラムをうまく管理したり、コンテンツにリンクを張るといった重要なタスクの煩わしさや大変さを取り除いてくれるように見えるサービスに申し込んだり、お金を支払ったりするのは、一見、賢い選択のように見えますが、用心しましょう。長い目で見れば、自ら落とし穴にはまっているかも知れません。

リンクファームとは何でしょう?

簡単に言えば、リンクファームとは、あなたのコンテンツにリンクを張ってくれるサービスです。通常、そのようなサービスはよく知られたウェブサイトのネットワークから行われます。そのネットワークは、顧客のウェブサイトに向けたリンクを張る場所を集約することだけを目的として形成されていることがほとんどです。顧客は、リンク構築プログラムによってリンクを得ているウェブサイトに関する詳細なレポートを見せられ、ウェブマスターはリンクの数が増えると安心するのです。これと類似した、より小規模なバリエーションとして、3方向のリンク交換があります。サイトAがサイトBにリンクを張り、サイトBがサイトCにリンクを張ります。そして、サイトCがサイトAにリンクをはって、三角リンクが完成するのです。

リンク構築サービスを提供する会社は、めったなことではリンクファームを運営していると言いませんので、いかなるリンク構築プログラムに申し込もうとしているときでも、十分に注意しなければなりません。被害を被るのはあなたのドメインであり、彼らのではないことを肝に命じましょう。あなたが一生懸命稼いだお金を払って、どんなサービスが得られるのでしょう? ほとんどの場合、まったく無関係なサイトから多数のリンクを得られるだけです。結局のところ、リンク構築に使われるウェブサイトのいかなるネットワークも、インターネット全体ほど広くはありませんので、ネットワーク内のウェブサイトにマッチするトピックもあるでしょうが、それ以外は関連性の薄いものばかりです。

私たちは、関連あるウェブサイト間のリンクを見たいと思っています。それを思い出すだけでも、あなたを疑問のあるリンク構築戦術から遠ざけるには十分でしょう。しかし、もっと大変な教訓があります。

突然、あなたのサイトに向けたたくさんのリンクが現れたら、それはオーガニックなものではないと検索エンジンにバラしているようなものです。一夜にして、何千ものリンクを突如として作れる人なんていません。もっと具体的に言えば、それが可能だとしても、たいていの場合、ニュースで話題になっていたり、ソーシャルメディアのプログラミングだったり、そのようなシグナルに伴って起こることです。つまり、突如として新しいリンクが膨大に増えたら、私たちはスパムではないかと疑います。そして月末の打ち合わせで、リンク構築に大枚をはたいたのに、検索トラフィクには何も変化がなかったと説明することになるでしょう。さらに悪いことには、そのサービスの手法に問題があると私たちが判断すれば、あなたのランクアップに向けた努力は水泡に帰すでしょう。リンク構築サービスを提供している会社は、一度に多くの顧客に同じことを行っていることを肝に命じておくと良いでしょう。彼らが定評のある業者なら良いかも知れません。しかし、定評がないところであれば、私たちは彼らの繰り返される戦術を悪ふざけとみなして、それに関わるドメインに対しても何らかのアクションを起こすことになります。そこにあなたのドメインが含まれていたら、あなた自身にも被害が及びます。ほとんどの場合、リンクの価値を無視して通りすぎるだけですので、あなたにとって何の利益にもなりませんが、大きなペナルティを与られることもありません。

ライクファームとはどのようなものでしょう?

ライクファームはリンクファームのソーシャルメディア版だということは明らかなはずです。それにも関わらず、驚くべき事に、人々はそのアプローチがうまくいくと考えているのです。それが検索のソーシャルなシグナルだという理由で、Facebook の「いいね!」の数を増やすことができ、ランクも上がると考えています。論理的には正しいように見えるかもしれません。しかし、リンクの突然の増加を私たちがスパムかもしれないと見ていることを思い出せば、「いいね!」が突然増えることも、同様にスパムかもしれないと考える可能性があると容易に理解できます。公平に言っても、それよりももっとたくさんのことがあります。

誰かが突然「バイラル化」して、あっという間にたくさんの「いいね!」を集めたら、私たちは時間あたりの「いいね!」数を見ながらパターンを探します。検索エンジンの強みをひとつあげるとすれば、このオンライン上のパターンを見極めるということです。ライクファームは、アカウントのコアネットワークの周辺に作られる傾向があります。あなたのサイト、コンテンツなどに「いいね!」と言ってもらうためにお金を払うと、彼らは自らのネットワークからアクセスして「いいね!」と言ってくれます。しかし、それがやらせだということを私たちは知っています。オーガニックな「いいね!」が明確なパターンをたどることはほとんどありません。実際、オーガニックな「いいね!」にパターンがあったとしても、それはカオスの中のひとつです。しかしながら、ライクファームはその規模に関係なく、比較することで明らかになります。「いいね!」の積み重ねをグラフ化すると、下図のように見えます。最初の画像では、ライクファームの傾向が見えます。限られた数のアカウントがすべて、お互いのコンテンツに「いいね!」と言い合っているのがわかります。

コンテンツの階層

あなたがウェブサイトのコンテンツを階層化しようと計画しているのなら、検索者が探していることや、検索者があなたの URL 上をどのように進もうと意図しているかに合わせて、コンテンツを並べるように気をつけましょう。基本的なキーワード検索をしてみれば、検索者が検索エンジンとどのようにやりとりをしているかが理解できるでしょうし、あなたのコンテンツ戦略の策定にも一役かってくれるでしょう。また、Flash や Silverlight といったリッチメディアのアプリケーションにリンクやコンテンツを埋め込むのは避けましょう。クローラーにとって、これらを探したりコンテンツを読むことはほぼ不可能です。リッチメディアを手に入れたばかりですか? ご心配なく。きちんとしたダウンレベルのエクスペリエンスが存在していれば、私たちはあなたのコンテンツを探すことができます。

2つめの画像を見ると違いは明らかです。コンテンツの共有やコンテンツへの「いいね!」が多くのロケーションから始まり、そこからオーガニックに広がっていることがわかるでしょう。赤い点は「いいね!」の始まりを示し、青い点は赤い点の友達がそのアイテムに「いいね!」と言っていることを示しています。グラフで見ると、オーガニックな「いいね!」とライクファームの「いいね!」のアクティビティの違いが明白になります。

ほとんどの場合、私たちがライクファームのアクティビティを見抜いても、単にそのシグナルを無視するだけです。ここでも、あなたは、検索結果でのランク上昇を謳うサービスにお金を払っただけで、何の価値ももたらされなかったことになります。これはあなたが自分自身のソーシャルメディアプログラムを管理することが、どれほど重要かを示しています。少なくとも、ソーシャルプログラムの管理を外注するなら、監視の目をそらさないようにしなければなりません。近道をすると、あなたが目指している価値を損なうだけです。

上に示したアイディアはもっと広げられます。あなたのコンテンツに「いいね!」を言った同じ人のネットワークを持つことがメリットになる例もありますが、そのようなシグナルに対し、私たちは普通のオーガニックなソーシャルの広がりほど高く評価しません。同じことが、リンクにも言えます。より多くのリンクを持つことは、あなたのウェブサイトへの直接のトラフィックを増大させる可能性がありますし、それは良いことです。しかし、それが常にあなたのランク上昇の努力に価値をもたらすと思ってはいけません。

この投稿での教訓をひとつ持ち帰るとするならば、それはクオリティに勝るものはないということです。クオリティの高いリンクを、クオリティの高いウェブサイトから。クオリティの高いソーシャルメディアのシグナルをクオリティの高いプログラムから。リンクファームやライクファームを使って近道をすることで時間の節約になっていると考えているかもしれませんが、私たちの近道の方がはるかに早いのです。私たちは単にスパムのようなやり方で得た結果を無視するだけ。あなたの時間とお金をクオリティ重視のやり方で投資すれば、はるかに大きな成功を手に入れることができるでしょう。