地図検索「地図」「概観図」 | Bing使い方ガイド | Bingの使い方 | Discover Bing

Bing 使い方ガイド 地図検索

二つの地図をシームレスに「地図」「概観図」

行きたい場所に行く、友達と待ち合わせる、お店や会社を検索するなど、お出かけ前の行き先チェックに便利なのが、Bingの地図検索です。場所を指定した地図検索はもちろん、地域のお店や会社の情報の検索、2種類の地図表示、コメントをつけられる機能など、新しい視点から地図を利用できる、地図検索(Bing Maps)。無料のグローバル マッピング サービスおよび検索サービスです。

地図の表示方法は、「地図」「概観図」の2種類と、その2つをシームレスに表示する「自動」表示があります。地図を読むのが苦手な人も、写真を組み合わせることで、そこがどんなふうになっているのか、ひと目で把握することができます。

基本の使い方

まずは、基本の使い方から。例えば、Bingの検索ボックスに「東京駅」と入れ、「地図」のタブをクリックします。
(もちろん、MSNやBingのホームページの[地図]タブからも利用できます。)

地図が表示されました。

「概観図」ビューも使ってみよう

さらにそのエリアを写真で見たい、という場合は、地図上部のメニューにある「地図」表示のタブをクリックし、ドロップダウンのメニューで、[概観図]を選択します。
[概観図]表示では、真上から見た衛星写真による地図のほか、拡大することでより詳しく建物や道の様子などがわかる写真に自動で切り替わります。
また、[自動]表示では、[地図]から[概観図]への切り替えを自動的に行い、よりシームレスで分かりやすい地図検索としてご活用頂けます。

東京駅付近の「概観図」を選択した場合

地図の右上の矢印マークをクリックすると、ミニマップが表示されます。このミニマップは、地図上のどのエリアを表示しているかをグレーの四角い枠で示しています。ミニマップ上のエリアを動かすと、それに合わせて地図ビューも移動します。ミニマップを表示したくない場合は、もう一度右上の矢印マークをクリックして非表示にします。
(※なお、概観図ビューは、一部の地域でのみ表示されます。)

今すぐ Bing で検索