Bing 使い方ガイド Bing ウェブマスター ツールの使い方 | Discover Bing

Bing 使い方ガイド Bing ウェブマスター ツールの使い方

Bing ウェブマスター ツールはサイト管理者の為のウェブ解析ツールです。あなたのサイトを Bing に登録(インデックス)し、効率的に Bing のクローラを巡回させる事で、Bing にサイトをアピールし、来訪者数を増やす事ができます。また、サイトの来訪者数や検索キーワード、サイトの掲載状況を知ることができ、多くの機能を使って課題や問題点を把握することができます。
ここではサイトの登録方法と一部機能の使い方をダイジェストでご案内いたします。

サイト登録のステップ

Bing ウェブマスター ツールページサインインボタンをクリックし、Windows Live IDでサインインをします。

Windows Live IDをお持ちでない方はこちら

サイトの追加をクリックし、サイトのURLを入力します。

サイトの管理者の確認です。3つの方法から、いずれかを選びます。(各項目をクリックすると手順が表示されます。)

最後に、サイトマップの登録です。

  • 1 「クロールタブ」
  • 2 「左サブナビのサイトマップ」
  • 3 「フィードの追加」

を順にクリックします。
サイトマップ(sitemap.xml)を配置したディレクトリを入力し、送信をクリックします。
これで登録完了です。

サイトマップについてはこちら

使い方ダイジェスト[ダッシュボード]

ログイン後[ホーム画面]から、[登録したサイトのURL]をクリックすると[ダッシュボードページ]に遷移します。ここから「クロール」「インデックス」「トラフィック」といった詳細情報への遷移やそれぞれの概要を確認することができます。情報が視覚化されたデザインで、直感的に概要が把握できます。

  • 1 クロールページヘのタブ
  • 2 インデックスページへのタブ
  • 3 トラフィックのタブ
  • 4 トラフィックの概要
  • 5 インデックスの概要
  • 6 クロールの概要

使い方ダイジェスト[クロールページ]

[クロールタブ内][クロールの概要]で、Bingにより登録されたページ数やクロール状況を確認することができます。サイトマップの送信はこのページから行います。

[クロールタブ内][クロールの詳細]で、クロール中に検出したエラー、リダイレクト、マルウェア、および除外されたページの詳細を確認する事ができます。

使い方ダイジェスト[インデックスページ]

[インデックスタブ]内のページでbingにインデックスされたページの詳細情報を確認する事ができます。まだインデックスされていないページがあったら、ここからURLの送信をしてインデックスしましょう。ブロック指定もここからできます。

[インデックスタブ内][インデックスエクスプローラー]では、サイトのディレクトリ構造がツリー表示されています。ファイル名をクリックすると詳細ウィンドウが開き、ここでbingにインデックスされたページ詳細情報の確認やディレクトリ毎の設定を変更する事ができます。

[インデックスタブ内][受信リンク]では、特定の期間に自サイトにリンク(バックリンク)している外部ページの一覧が表示されます。

  • 1 ターゲットページ:外部ページにリンクされているURL
  • 2 リンクのカウント:リンクしている外部ページの総数

上記 1「ターゲットページ : 外部ページにリンクされているURL」をクリックするとリンクの詳細およびアンカー テキストが確認できます。

  • 3 ソースURL :リンクしている外部ページのURL
  • 4 アンカーテキスト:リンク元のアンカーテキスト
  • 5 エクスポート:解析結果をCSV形式で保存

使い方ダイジェスト[トラフィックページ]

[トラフィックタブ]で、キーワード単位ごとのBing検索での表示回数とクリック数の一覧が表示されます。

  • 1 エクスポート:解析結果をCSV形式で保存
  • 2 キーワード:bingで検索されたキーワード
  • 3 インプレッション :特定の期間にサイトのページが検索結果として表示された検索ワードの総数
  • 4 クリック数:特定のワードで自サイトが検索結果に表示され、実際にクリックされた回数
  • 5 クリックスルー率:検索総数に対し、 実際にクリックされた回数の割合
  • 6 平均インプレッション状況:特定のワードで自サイトが検索結果に表示された順位の平均
  • 7 平均クリック状況:実際にクリックされた際の検索結果の順位の平均